☆当ブログでは広告を掲載しています☆

50代 女性 髪色 を自然な色に!白髪染めを辞めてナチュラルカラーに移行した妻の1年後!

50代女性グレイヘア

この記事はこんな人にオススメ

◇白髪染めを辞めたいと考えている女性

◇グレイヘアに興味がある女性

50代の妻が白髪染めを辞める決心をしてからおよそ1年が経ちました。

白髪染めを辞めるきっかけになったのが染料による地肌トラブル

ヘアマニキュアで白髪隠しをしていたけど、それにも限界を感じて自然な白髪になることを決心。

1年が経過し、髪を染めた部分はほぼ無くなりナチュラルカラーとなりました。

何も手を加えない髪色に妻本人もとても気にっています。

この記事では白髪染めをやめた妻の1年経った様子をお伝えします。

「白髪染めを辞めたい」「グレイヘアもいいな」と考えている女性の参考になればと思います。

ナチュラルヘアになるまでの経過は別記事でまとめてあるので、この記事と合わせて読んでいただくと流れがより分かりやすいと思います。

この記事でわかること

◇白髪染めを辞めた女性の1年後【実例】

白髪染め やめた 1年後の様子

白髪染めをやめて1年経過した様子がこちらの画像。

今まで白髪隠しとしてやっていたヘアマニキュアはすっかり落ちました。

白髪染めを辞めて気づいたことは、意外と黒髪が残っていたということ。

妻の場合、表面的に黒髪が目立ちますが、髪の内側というか耳周辺には白髪が集中しています。

髪をかき上げると白髪が目立ちますが普通にしていると白髪が多いように見えません。

しかも表面的に見える白髪がちょうどメッシュをしたようにも見えます

妻の担当美容師さんも…

美容師さん
美容師さん

このままでもイケルね!

と言ってました。

50代 女性 髪型

妻は、白髪染めをやめてから髪型を少し意識していました。

意識したポイントは次の2つ。

それぞれ解説します。

ショートヘアで清潔感を

白髪で髪が長いと清潔感を維持するのがちょっと難しいということでショートヘアを心がけました。

妻はもともと短い髪型でしたが、白髪染めをやめてから今まで以上にスッキリと短くカットしていました。

そのためか白髪まじりの髪になっても清潔感は保たれていました

縮毛矯正でスッキリと

50代になると髪が細くなったり、髪のコシが弱くなったりしてまとまりにくくなります。

髪のまとまりを意識して縮毛矯正を定期的におこなってスッキリと見せるようにしました。

妻はもともと軽い癖毛があり、普段から縮毛矯正をしていました。

白髪染めをやめてから縮毛矯正の間隔を少し短めにして常に髪にまとまりが出るようにしました。

白髪まじりの髪 違和感なし

白髪染めを辞めて1年たった印象は…

白髪混じりの髪でも違和感なしです!

白髪まじりの自然な髪色にしたことで「老けて見えるのでは?」と心配していましたが違和感はありません

年齢相応というか、自然な髪色がとてもよく似合っていると感じます。

本人も今の髪色と髪型をとても気に入って「白髪染めを辞めたのは正解」と言っています。

素敵に歳をとる

白髪染めを辞めて自然な髪色にすることは、加齢を素直に受け入れるともいえます。

僕は妻より一足先に白髪染めを辞めてグレイヘアにしました。

いつまでも若々しくいたいという思いはありますが、それは気持ち次第。

髪色にはこだわらず気持ちの面で若々しくいようと思っています。

夫婦でグレイヘアにしたことに後悔はなく、むしろ楽しんでいます。

加齢を受け入れてこれからも素敵に歳をとっていきたいものです。

まとめ

白髪染めをやめた妻の1年後の結果をお伝えしました。

白髪のタイプは人それぞれ。

全体的に白髪になる人もいれば、妻のように部分的に白髪になる人もいる。

髪染めをしていると自分の髪がどんな白髪タイプなのか分かりにくいものです。

グレイヘアにちょっと興味を持ったら行きつけの美容師さんに相談するのが一番です。

いつも髪を見ているので適切がアドバイスがもらえるでしょう。

この記事もグレイヘアの参考になると嬉しいです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です